このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/06/14

1日1題 TOEIC Part 5 (#11)

本日の Part 5 の問題

No. 11
Glovalish Inc. has been in the position of a leading company in publishing industry over the last 20 years ________ its foundation.

(A) since
(B) almost
(C) however
(D) therefore


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

《解説》
接続詞VS前置詞VS副詞

このタイプの問題は

①接続詞の働き
②前置詞の働き
③副詞の働き

をしっかりと抑えておく必要があります。

(A) since(接続詞 or 前置詞)
(B) almost(副詞)
(C) however(接続副詞)
(D) therefore(接続副詞)

コンマ以前のかたまりとコンマ以降のかたまりを見比べると

(1)
Glovalish Inc. has been in the position of a leading company in publishing industry
(Glovalish Inc. は出版業界におけるトップ企業であり続けている)

(2)
over the last 20 years ________ its foundation
(過去20年 ________ 設立)


となっていることに気づきます。

このままでは (1) と (2) はそれぞれ独立したかたまりとなってしまい、「文」としては機能しませんね。

それぞれのかたまりを接続する機能が必要です。

したがって、空欄箇所は (1) と (2) を接続する「接着剤」が入ることが分かります。

(1) は「節」、(2) は「句 ______ 句」となっており、これらを接続することができるのは接続詞もしくは前置詞しかありません。

よって正解は (A)

★TOEIC的解答テクニックとしては、

「has + 過去分詞(現在完了形)が本文にあり、選択肢に since がある場合、正解として選ぶ」

といったところです。

今回は空欄のうしろがits foundationのように「句」となっているので、since は前置詞として使われています。
since it was founded というように節になっていれば、since は接続詞として機能しているということになります。

ちなみに、
不正解選択肢の (C) however と (D) therefore ですが、
「接続」という名前はついていますが、働きとしては文を「修飾する」副詞になります。

授業でもよく説明しているのですが、この2つはパート6ではよく正解になります。

しかし、

パート5では正解にならないと断言してもよいです!

今後TOEICで、「〜; ______, ....」のように“セミコロンとコンマ”で挟まれた空欄、というパターンが出題されないかぎり、ですが…

ま、仮にパート5の出題トレンドが変わり、このパターンが出題されるようになったとしても、逆に
「~; ______ , は however, theforefore が正解!」
という解答公式を作ることができるので楽といえば楽ですが笑


では。



★TOEICスクール Glovalish ではオンライン講座(Skypeレッスン)を行っています。
ご自宅・出先、ネット環境さえあれば全国どこでも授業を受けられます。
ぜひスクールウェブサイトを覗いてみてください。
↓↓↓
TOEIC対策スクール Glovalish
online toeic

★ブログランキングに参加しています。
今回のブログが少しでも役に立ったな、と思っていただけたらポチっとお願いいたします。

TOEICランキング